iPhoneのパスコードを忘れてしまった。。

「iPhoneはしようできません」などの表示が出てiPhoneを操作できなくなる場合があります。

iPhoneが使えなくなってしまうので非常に困りますよね。。

このような症状でお困りであればこの記事が役に立つかもしれません!

iPhoneのパスコードロックに関して

iPhoneのパスコード(パスワード)はデータや個人情報を保護する為に非常に重要な仕組みです。

しかし設定したパスコードを間違ってしまう事で非常に困った事になる場合があります。

一定の回数を超えて設定した値と違う値を入力してしまう事でパスコードの入力ができなくなる状態になり、これがパスコードロックが掛かった状態です。

 

【iPhoneは使用できません】と表示されている場合

【iPhoneは使用できません】と表示されている場合、本体の初期化が必要になります。

その場合、バックアップができていない場合はデータごと初期化されるので消えてしまいます。

よくある原因

よくあるパスコードロックの原因を紹介いたします。

・他人が勝手に操作しようとしてロックが掛かってしまった。小さなお子様の操作によってロックが掛かることも多いです

・画面の不具合でパスコードの入力画面でタッチ操作が勝手に行われてしまいパスコードロックが掛かってしまう場合。

・昔使っていたiPhoneのパスコードを忘れてしまった。

パスコードロックを防ぐには

iPhoneの設定自体を変更してしまう方法があります。

しかし、何度でもパスコードの入力を試せるようになるため、セキュリティー的には少し不利になります。

使用する状況やバックアップの状態によってこの設定は使い分けてください。

パスコードロックを発生させない設定

まずは設定アプリを開きます。

そしてTouchIDとパスコードの項目へ進みます。

画面の一番下の方のデータを消去という項目がありますのでこの項目をOFFにしてください。

画像の状態になっていれば設定できています。

 

パスコードロックがかかってお困りの場合

当店でも初期化を承れますのでお気軽にご相談ください。

iPhone修理、葛西店、LINE@で問合せ画像

iPhone修理を葛西でする、ネット予約、画像

・道案内:東京メトロ東西線【葛西駅】を降りて頂き中央口から出ていただきます。大通りが見えますので(環七通り)を線路沿いに浦安方面(マツモトキヨシの方)に歩いて頂き最初の交差点を左に曲がり、道なりにまっすぐ歩きます。そして1つ目の交差点(フジマートさんがある交差点)の対角の角地に当店の入居しているビルがございます。外装が黒色と灰色のタイルで、入り口付近に赤色の三角形の模様があるのが特徴です!