江戸川区・東陽町・iPhoneの水没の対処法 紹介

iPhoneStation葛西店が修理店の目線でiPhoneの水没の対象法をお伝えします!

こんにちは!iPhoneの修理のご紹介です(^ ^)

本日のiPhone修理は江戸川区東陽町からお越しのお客様で、iPhoneを水没させてしまい、充電器を差したりドライヤーで乾かしたりと色々試された後に、約48時間後に当店にお持ち込みされました!

この対処法は正直に申し上げますと”最悪”です。。

iPhoneを水没させてしまった場合の対処法

・とにかく早くiPhoneの電源を切る
・ご自分では何もせず可能な限り早く内部のクリーニングを行える修理ショップに依頼する

これが一番の対象法かと思います!

というのも内部に入った水が内部で移動する事によって各所でショートが起こりチップなどをダメにしていきます。。

電気が流れていなければ致命的な箇所でのショートも起こりにくくなるので早めに電源を切る事をオススメしています。

iPhoneが水没して気になるのはとても分かりますがこれをやるだけでiPhoneの生存率が格段に上がります!

ぜひ周りの方にも教えてあげて下さい!

iPhoneが水没した時にやってはいけないこと

・iPhone振る
・iPhoneをジップロックと乾燥剤に入れる
・iPhoneをお米に入れる事
・ドライヤーで乾かす

まずiPhoneを振る事は、前の項目で説明したとおりiPhoneの致命的な故障を避ける為に厳禁です。

ドライヤーで乾かすのも無意味、むしろ、闇雲に熱風を当てる事によって余計に事態を悪化させる恐れがあるので控えた方がよろしいかと思います。

その他二つ、”ジップロックに乾燥剤”・”お米” はっきり行って笑えるレベルですw ギャグかと思いました(´Д` )完全に都市伝説です。。しかも米粒がイヤホンジャックに入って取れなくなるという非常に悲しくも笑える事態に陥ります。。

考えて下さい。湿気の多い日、自宅で湿気を取るとしてその方法が”除湿機”だとします。除湿機をどこに置きますか?自分がいる部屋だと思います。家の外に除湿機を置く人は居ないと思います。。かなり無意味ですよね(笑)

iPhoneの内部も防水ではないにしてもある程度は密閉されています。ですのでちょっとやそっとiPhone外の環境が乾燥していても内部の水がすぐになくなるなんて事はありません。

ポイントは”すぐに”です!とにかく早く内部の水を始末する事、その他の対策はその後です!損失を少なくする為にも早く適切な対処をしましょう!

 

という事でここでちゃっかり営業させていただきます(笑)

当店は水没の修理やデータ復旧を得意とした修理ショップですので、お困りの際はお気軽にご相談下さい。

LINEで送る
Pocket